専門業者にお任せするシロアリ駆除|徹底的にやっつける

安全で効率の良い駆除

狩猟免許が必要

ハクビシンは、ネコやタヌキに似た姿形をした動物です。漢字では白鼻芯と表記されることもあるのですが、その文字通り、顔には鼻を中心とした白いラインがあります。姿形は似ていても、その点からネコやタヌキと容易に見分けることができます。ハクビシンは、もともとは山林で果物や鳥の卵などを食して生きている動物ですが、山林の少なくなった現在では人里で食糧調達をするようになっています。人間の食べ物に手出しをするので、それを防ぐために多くの人がハクビシン駆除をおこなっています。とはいえ、本格的なハクビシン駆除をおこなうには、狩猟免許や狩猟者登録が必要となります。そのためハクビシン駆除は、自力ではなく専門家が代行することがほとんどです。専門家は、市区町村の役場の窓口で相談することで、紹介してもらえます。

ウイルスや害虫

ハクビシン駆除が専門家に依頼される理由は、狩猟免許が必要という点だけにあるのではありません。ハクビシンの体には様々な雑菌がついているので、素人が触れると感染症を発症する可能性があるのです。また、アレルギー症状の原因となるダニなどの衛生害虫がついていることも多いです。ところが専門家なら、ウイルスや害虫に関する知識や、それらを除去する技術を有しています。もちろん、罠や忌避剤といった、ハクビシン駆除専用の道具も有しています。そのため安全に、なおかつ効率良く、ハクビシン駆除を進めることができます。さらに、除菌作業や害虫駆除作業もあわせておこなってもらえるので、その後はウイルスや害虫を恐れずに生活できるようになります。こういった点から、ハクビシン駆除は専門家に任されることが多いのです。