専門業者にお任せするシロアリ駆除|徹底的にやっつける

ハクビシンを駆除するには

ハクビシンによるトラブル

皆さんは、ハクビシンという名の野生動物をご存知でしょうか。タヌキやキツネは知っていても、ハクビシンを知らないと言う人は多いはずです。ハクビシンは、山間部に生息する夜行性の野生動物です。鼻筋に白い線が入っていることからこの名が付けられたと言われています。雑食性で比較的大人しい動物ですが、最近ではハクビシンによるトラブルが各地で発生しているのです。そのトラブルというのが、ハクビシンが住宅に侵入することで起こります。ハクビシンは屋根裏に好んで巣を作りますから、屋根裏が糞尿によって汚染されてしまうのです。ひどい時には、糞尿が浸み込み天井板が腐ってしまうこともあります。このため、ハクビシン駆除が行われるようになったのです。

どうやって駆除するのか

ハクビシンをどうやって駆除するのかというと、基本的には屋根裏からハクビシンを追い出すことで行うことになります。そして、ハクビシンが二度と侵入できないように、侵入口を見つけて、そこを塞いでしまうのです。ハクビシンは鳥獣保護法によって保護されている野生動物ですから、どのような理由があっても、許可なく捕獲して処分することはできません。仮に捕獲する必要がある場合でも、保険所等に行き有害鳥獣の駆除申請を出し、許可を得る必要があるのです。ですから、ハクビシン駆除を専門で行っている害獣駆除業者に、ハクビシン駆除を任せる方が良いのです。ハクビシン駆除を業者に依頼すれば、汚れてしまった天井の清掃や消毒等も実施してくれますから安心です。